レンブラントの変態漫遊記

レンブラントの変態漫遊記

プロレスが大好きな変態の日記です

センバツで負けた借りは、甲子園でリベンジすれば良いんだよおおおおお!!~5.3BASARA後楽園を観戦して感じた事~

 

5.3の夜は、プロレスリングBASARAの後楽園大会を見に行きました

 

今大会は、結果から言うと、BASARAの所属選手が対他団体選手との6試合で全敗
メインイベントで、BASARAとダブプロレスのダブルタイトル戦に臨んだ木高イサミも、ダブプロレス谷嵜なおきに敗れ、ユニオンMAX王座が他団体に流出する展開になりました…

twitter.com

 

twitter.com

twitter.com

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

こう振り返ると、団体のホームで行われた大会(しかもビッグマッチ)としてはかなりバッドエンドかも知れません
正直、私もイサミは好きな選手の一人なので、好きな選手が負けて王座流出という事実にショックもあります…
 
しかし、私は寧ろ、今回の谷嵜戴冠という結果は、今後のBASARAがより面白くなる一つのキッカケになるのではないか、という期待感があります!
 
その理由は主に二つ
①夏に行われるダブプロレスとの対抗戦(=甲子園)
②BASARA内部の活性化
 
まず①!
先日、当ブログでも私見を述べたのですが、今回の「木高イサミvs谷嵜なおき」は、今夏に開催されるであろう、BASARAとダブプロレスの対抗する"甲子園"の前に行われる、"センバツ高校野球勝戦"の位置づけにあったと私は考えています
 
両団体の威信と象徴(=ベルト)をかけ、負ければその両方を失いかねない"センバツ決勝"で敗れてしまったBASARA…
 
でも、私は思うのです
 
"センバツ決勝"で負けたなら、夏の"甲子園"までにリベンジすれば良いじゃないか、と!
 
確かに、四冠王者だったイサミに直接勝って、王座を戴冠した谷嵜は間違いなく強い!
しかし、このシチュエーションは、間違いなく他の所属選手にとって大きなチャンスだと、私は思うのです
 
「谷嵜に奪われた自団体のベルトを取り戻しに行く」という、昨年の"甲子園"にはなかった強いテーマが生まれた今年のダブプロレスとの対抗戦は、間違いなく昨年以上の熱が生まれるのではないかと、私は妄想しています(笑)
 
そして②!
話は少々反れますが、元々BASARAは、前身でもあるユニオンプロレス解散後に旗揚げされた団体です
ユニオンの代表を務めていたナオミ・スーザン氏の退任もあり、その後解散発表に至ったのですが、解散発表後の新宿FACE大会のメインで勝利したイサミは試合後、涙ながらリング上でマイクを持ちました
 
「家がなくなるなら俺が建てる。修司もいない、スーザンさんもいない、そんな空き家かもしれないけど、俺はゼロからやってみせる。」

twitter.com

その後、その空き家にはユニオンプロレス時代からの選手に加え、DNAから中津、大日でデビューしてフリーで活動していた塚本拓海、KAIENTAI-DOJOの関根龍一らが"入居"するなど、個性溢れる面々が集う面白い団体になってきたと私は感じています
 
 
その一方で、個人的にBASARAというと、家主でもあるイサミの印象がまだまだ強いと感じています…
 
FUMAや塚本、関根、中津、阿部など、団体のエースになる可能性を秘めた良い選手は多いんですけど、これまで団体内での結果や実績という部分で、いま一つイサミ以上に突き抜けきれてない所はあったように感じています
 
今回のユニオンMAX王座の他団体流出は確かに衝撃的でした
しかし、ポジティブに考えれば、このベルトを取り戻した選手がBASARAのエースに躍り出るキッカケにも成り得ると、私は考えています!
これは①で述べた部分と重なる所があります
 
メイン後に、塚本が真っ先に谷嵜に挑戦表明したのもそうですが、5.23から開幕する全16選手によるシングルトーナメント「頂天」は、各選手が己の欲を剥き出しにしていくチャンスだと思うのです

twitter.com

「谷嵜vs塚本」の結果もあるので何とも言えませんが、ここで「対ダブプロレス」だけではなく、団体内の激しいベルト争いに向けた各選手の動きが活性化していけば、今面白い所から、更に面白い段階へとステップアップしていけるのではないかと感じています!
 
「BASARA=イサミ」ではなく、「BASARA=全員」みたいな!
 
(余談ですが、ユニオンプロレスの解散直前の新木場大会のラストで、イサミが所属選手一人ひとりに「お前がユニオンかと言うと、違うんだよなあ」と言った後で、涙ぐみながら「みんなでユニオンだったじゃないですか」と言う場面がありました)
 
今後のユニオンMAX王座戦線と、ダブプロレスとの対抗戦で、BASARAのエースに躍り出るのは一体どの選手になるのでしょうか?
 
今年の夏も、BASARAから目が離せません!!