レンブラントの変態漫遊記

レンブラントの変態漫遊記

プロレスが大好きな変態の日記です

ベストライド〜11.2 NOAH両国国技館大会観戦記・後編〜

11.2は、プロレスリング・ノア両国国技館大会を観戦してきました。
 
 
今回は、その観戦記(後編)になります。
 
丸藤vsムタ、杉浦vsエルガンも凄かったですが、対外的な批判意見を完封してしまう程の凄まじい試合を見せた、清宮vs拳王が最高にエモーショナルでした!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122537j:plain

 
NOAHのベストはいつも!!今なんだよ!!!!
 
 

第7試合 HAYATA vs YO-HEY

GHC Jrヘビー級王座戦

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112546j:plain

 
9月の大阪大会のダイレクトリマッチとなった一戦でしたが、「夫婦対決」といえど容赦は一切なし!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112620j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112719j:plain

 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112747j:plain

HAYATAが序盤から、ロープにもたれかかるYO-HEYにへデックをお見舞いすれば、YO-HEYもキックの応酬!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112824j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110112912j:plain

 
良い意味で、この二人がタッグパートナー同士である事を感じさせない位、ベルトをかけた一進一退の攻防が熱かったです。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110113008j:plain

 
試合は、YO-HEYがHAYATAのへデックを1度は返したものの、2発目は流石に返すことが出来ず、これで勝負あり。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110113057j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110113140j:plain

負けた側のダイレクトリマッチ、というシチュエーションや、会場の雰囲気も含め、YO-HEYに追い風が吹いていましたが、キッチリ退けるHAYATA、強し!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110113211j:plain

 
試合後は、スティンガーの小川、小峠、リッジウェイが登場し、RATEL'Sの面々と視殺戦!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110113257j:plain

この3人、試合中はずっとリング下にいたものの、どちらのコーナーに就く訳でも、介入をする訳でもなく、じっと観戦…。
 
11.24に新木場1stRINGで開催されるRATEL'S興行では、スティンガーとの全面対抗戦(※1が行われ、その前後には、小峠vs原田(11.16後楽園)、HAYATA vs リッジウェイ(12.3後楽園)とタイトルマッチも決定!
 
※1 「当日の綱引きで組み合わせが決まるシングルマッチ」×4試合+「4vs4のイリミネーションマッチ」
 
両国後も、この両ユニットによる抗争は続いていく訳ですが、今後どうなっていくのか楽しみでなりません!
 
 

第8試合 潮崎豪&中嶋勝彦vs稲村愛輝&マサ北宮

GHCタッグ王座戦
 
2018年に行われた、丸藤正道20周年記念興行の翌日にデビューした稲村愛輝。
デビューから丁度1年2ヶ月が経ったこの日の両国ビッグマッチで、自身初のタイトル挑戦となりました。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114410j:plain

 
序盤から、挑戦者チームが奇襲を仕掛けてペースを握っていったんですけど、王者チームのAXIZも反撃!
稲村に強烈な打撃技を浴びせていきます。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114449j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114523j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114553j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114626j:plain

 
試合も中盤〜終盤にさしかかる中、稲村が潮崎を肩車した所に、コーナーから北宮がショルダータックルを放つ合体技を敢行したのですが、これがまさかの失敗に…。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114709j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114752j:plain

 
得てして技の失敗があると、会場に変なざわつきが生まれたりと、その後の試合の雰囲気や流れに影響する印象があるんです…。
 
しかし、この日は、もう1度この技をトライしに行く2人に対し、観客からは「もう1回」コールが送られたんですよね。
こんな光景、初めて見ました!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114829j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114914j:plain

 
2回目はキッチリ合体技を決めてきた稲村&マサ北宮。
勢いと流れを取り戻すと、終盤は中嶋と北宮の一騎打ちに!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110114956j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110115032j:plain

 
北宮がサイトースープレックスを決めるも、カウントは2!
 
すると、一瞬の隙を逃さなかった中嶋が、蹴り連発⇒バーティカルスパイクに繋げると、北宮から勝利!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110115102j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110115148j:plain

 
挑戦者チーム「THE TOUGH」の勢いに苦戦したAXIZでしたが、見事王座防衛!
THE TOUGHが死力を尽くしても勝てなかった事実に衝撃を受けましたし、勝ったAXIZがただただ強かった。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110115234j:plain

 
GHCヘビーとのダブル前哨戦で敗れる事も多かった稲村が、この試合では猛攻を喰らっても耐えていただけに、THE TOUGHとしては悔しい敗戦でした…。
 
 

第9試合 丸藤正道vsグレート・ムタ

「最初で最後の遭遇」と銘打たれたスペシャシングルマッチ
 
丸藤は、上半身に大胆なペインティングを施しての登場!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110115600j:plain

 
今回のムタ対策としてなのか、スモーク(?)を準備するなど、異次元の相手に対抗してきた丸藤でしたが、終わってみると、ムタの世界観に飲み込まれてしまった印象が強かったです…。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120012j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120056j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120243j:plain

私、今回初めてグレート・ムタを生で見たんですけど、毒霧だけでなく、この日は「カメラマンからハンディカムを奪う⇒ハンディカムを壊す」とか、ムタの毒霧を手でブロックしてきた丸藤に火を吹く(!?)とか、予想外な事を幾つもやってきたムタの存在感がすごかったですね。
 

twitter.com

 
前述した、丸藤持ち込みのスモーク用ボンベにしても、ムタが噴射を試みるものの、噴射できないと見るや、ボンベのある方向に向けて丸藤にドラゴンスクリューを敢行!
この臨機応変っぷりがセンス抜群!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120139j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120208j:plain

あの「方舟の天才」の個性すら飲み込んでしまうとは…。
 
試合は、ムタが閃光魔術3連発をヒットさせて、丸藤から勝利!
良い試合でした!
 

セミファイナル 杉浦貴vsマイケル・エルガン

今回の両国大会において新設されることになった「GHCナショナル王座」
 
その初代王者決定戦に選ばれた2選手は、杉浦貴とマイケル・エルガン!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120610j:plain

 
今年の8.25大日本プロレス名古屋大会以来の来日となったエルガン。
中でも一番衝撃的だったのは、試合の序盤〜中盤にかけて、杉浦貴がエルガンに対して「これ」といった有効打が出せていなかった所。

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120705j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120745j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120820j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110120900j:plain

今年49歳になった杉浦ですが、2018年はGHCヘビー級王者として丸藤、中嶋、潮崎などの代表格を退けていき、今年に入ってからも、三沢メモリアルで清宮との壮絶なGHC戦に加え、『N-1 VICTORY』でリーグ戦4戦全勝&準優勝と、素晴らしい戦績と結果・内容を残してきました。
 
その杉浦の存在感が、中盤までは、エルガンのパワーだったり、勢いだったりに飲まれていたように感じたんですよね…。
私自身、そんな杉浦は初めて見ました…。
 

 

何度もマットに叩きつけられた杉浦でしたが、バーニングハンマーは寸前で回避。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121009j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121044j:plain

杉浦もフロントネックロックで反撃を試みますが、なんとエルガンはこれを片腕で解錠!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121126j:plain

しかし、エルガン相手に得意のエルボー合戦で押し切って流れを掴むと、必殺のオリンピック予選スラムが炸裂!!!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121159j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121229j:plain

これにはエルガンも返せず、勝負あり!
 
杉浦が辛くも勝利し、初代GHCナショナル王者に輝いたのでした。
 
試合後、立会人となっていた長州力が杉浦にベルトを渡そうとした瞬間、咄嗟に間に割って入ったエルガン。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121304j:plain

ベルトを杉浦に巻くためかと思ったのですが、そうではなかった模様…。
でも、それだけ、エルガンはこのタイトルが欲しかった、という事だったんだろうなあ、と。
 
試合後は会場から割れんばかりのエルガンコールが。
それだけ、新設ベルトの価値を一気に引き上げるほどの素晴らしい試合を、この二人は見せてくれました!
 
エルガン、また日本に、またNOAHに、来てくれますよね!?(泣)
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121350j:plain

 

メインイベント 清宮海斗vs拳王

 
個人的に期待度大だったカードではあったものの、一方で、丸藤vsムタ、杉浦vsエルガンと好勝負が続いた中でのメイン…
 
しかし、この二人は高かった前評判以上の熱戦を、大舞台で確実に見せてくれました!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121639j:plain

 
特に素晴らしかったポイントが、「拳王による徹底した首攻め」!
 
今回の最終前哨戦となった浜松大会で、タイガースープレックス中に拳王のフットスタンプを浴びた事で、頚椎捻挫になった清宮…。
 
両国メインは清宮の復帰戦でもあったんですけど、そんな清宮の首筋や背中を躊躇なく攻め立てる拳王!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121733j:plain

 
あの件で痛烈に批判された拳王でしたが、その批判をものともしない、強い信念と覚悟を、私はこの一点集中攻撃に強く感じたんですよね
 

twitter.com

 
しかし、そのエグい攻めを喰らっても、何度となく立ち上がっていく清宮!
 
もう、この二人の攻防を見て思ったんです…。
「清宮と拳王は、そうした対外的な批判意見とも戦っていたのかも知れない」と。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121810j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110121845j:plain

今回の件があって、何故か私宛に「NOAHに興味はあったけど、もうNOAHは見に行かない」、「拳王は姑息」、「拳王はエースの器じゃない」なんて意見がTwitterに来たんですけど、だからこそ、この2人を応援しないといけない、って自然と思っていたんです。
 
でも、この2人の試合を見てたら、背中を押されているのは、寧ろ見ていた私の方だったな、って。
それだけ、2人の覚悟と信念に心を突き動かされました。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122005j:plain

 
この日いた観客も、ともすれば「エグい」と見られそうな攻防に対しても、ブーイングではなく、強い声援で呼応する。
非常に良い空間が形成されていました!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122104j:plain

そんな30分超えの激闘は、清宮が拳王からタイガースープレックスで勝利!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122139j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122229j:plain

個人的には拳王に勝って欲しい試合ではあったんですけど、試合を見てたら、勝敗以上に「2人とも凄い!」という感想しか出てきませんでした。
素晴らしい一戦に、感謝!!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122351j:plain

 

まとめ

熱戦が展開されたNOAH両国ビッグマッチ!
 
大会当日は、朝からノアのハッシュタグが色んな方のツイートから流れてきていて、本当に皆がこのビッグマッチを待ち望んでいたんだろうなあ、という期待感MAX!
 
大会が終わってからも、多幸感だったり、興奮だったりが収まらなかったですね…。
久しぶりにNOAH観戦したというフォロワー様も、「また絶対行きたい!」と揃って仰るほどでしたから、これが全てでしょう!
 
それだけ、素晴らしい大会でした!

f:id:rodeotandemdavespector:20191110122448j:plain