レンブラントの変態漫遊記

レンブラントの変態漫遊記

プロレスが大好きな変態の日記です

Nobody(前篇)~2021年の『ニューイヤーウォーズ』を語る~

2021年1月2日・1月3日に、後楽園ホールで行われた全日本プロレス(以下:全日)を観戦してきました。

 
毎年恒例の『ニューイヤーウォーズ』2Days!
 
三冠ヘビー級王座、世界タッグ王座といった、全日管轄のタイトルマッチが2日間に分けて行われる『ニューイヤーウォーズ』から、その年のプロレス観戦初めとなる方も恐らく多いのではないでしょうか
 
今回は、当日私がツイートした感想や、撮った写真を交えつつ、ニューイヤーウォーズの2日間を振り返っていきたいと思います。
 
まずは初日の模様から!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119001106j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003130j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003645j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210122044036j:plain

 
 

私的大会ダイジェスト

序盤~中盤戦

ニューイヤーウォーズ初日は、メインに世界タッグ王座戦を据えた、全8試合で構成。
 
タイトルマッチ以外ですと、毎年恒例の『新春バトルロイヤル』に、「野村卓矢&阿部史典vs岩本煌史&日高郁人」、セミの「田中将斗vsゼウス」が初日の主な軸でしょうか?
 
まずは新年のご挨拶から!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119000854j:plain

 
新型コロナウイルスの感染防止対策もあり、リング上に上がったのは諏訪魔と福田社長のみ。
 
そして、この場で新入団選手も発表!
 
WRESTLE-1の本田竜輝!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119001013j:plain

 
そして、2020年より全日のコーチを務めていたTAJIRIも、遂に「王道」の所属に。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119001106j:plain

 

 

一部ファンから待望され続けている秋山準の帰還は、今回のTAJIRI入団発表によって絶望的か…。
まあ、コーチまでやっているのですから、これは既定路線でしょう。
 
以下は、私の印象に残ったシーンと写真をば…。
 

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119002803j:plain

 

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003050j:plain

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003130j:plain

 
全日の新年恒例・『新春バトルロイヤル』では、サプライズで登場したボディガーが見事優勝!
 

 

 
入場〜試合終了まで、観客の視線を全て持っていくレベルの大活躍でした。
 

 

こういうバトルロイヤルって、シレッと若手選手が優勝する印象があっただけに、これは意外…。
生歌も聴けちゃうのはありがたかったです。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003332j:plain

 
 

 野村卓矢&阿部史典vs岩本煌史&日高郁人

第6試合の「野村卓矢&阿部史典vs岩本煌史&日高郁人」では、阿部が現世界Jr王者の岩本から完璧な3カウントを奪うと、試合後に世界Jrへの挑戦を表明!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003448j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003520j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003609j:plain

 

 

2019年秋に行われた、世界Jrの新王者決定トーナメントでも対戦している両者。
これは楽しみ!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003645j:plain

 
試合の方も、阿部の対角線に元パートナーの日高と岩本がいた事もあり、阿部の現パートナー・野村と2人のマッチアップが、非常に新鮮かつ刺激的でした。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003754j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003828j:plain

 

良き!
 

田中将斗vsゼウス」

 セミファイナルでは、「田中将斗vsゼウス」スペシャシングルマッチが実現!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119003952j:plain

 
前日のZERO1後楽園ホール大会で、田村ハヤトから世界ヘビー級王座を奪取した田中将斗を、前年度『チャンピオン・カーニバル』覇者・ゼウスが迎え撃つ構図でした。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119004049j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119004138j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119004211j:plain

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119004245j:plain

 

試合は田中将斗がスライディングDで勝利するも、個人的には、戦前抱いた期待値の高さに対して、試合が割とアッサリ終わってしまった感も否めず(試合時間10分48秒)。
 

 

 
この2人だからこそ、もっと時間長めで見ていたかった…。
 
前日に「田村ハヤトvs田中将斗」の激闘を生で見てしまうと、どうしても、ね…。
だからこそ、再戦、全裸待機!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119005012j:plain

 
 

諏訪魔&石川修司vs宮原健斗&青柳優馬

初日のメインは、「諏訪魔&石川修司vs宮原健斗&青柳優馬による世界タッグ王座戦
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119005202j:plain

 
2018年末のタッグ結成以降、全日のタッグ戦線を引っ張ってきた『暴走大巨人(諏訪魔&石川)』に、前年度『世界最強タッグ決定リーグ戦』覇者の宮原&青柳組が挑んだ一戦。
 
2日目のメインである、三冠ヘビー王座戦・「諏訪魔vs青柳優馬」の最終前哨戦も兼ねた試合は、諏訪魔が青柳を引き千切らんとばかりに、力と体躯で押していく鬼っぷりを発揮。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119010102j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119010218j:plain


宮原の膝蹴りも相変わらず強烈だった訳ですけれども、この日は青柳の援護射撃に回る機会の方が多かった印象。

 

全体的に、青柳と諏訪魔の攻防にフォーカスした試合のように感じました。

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119010418j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119010450j:plain

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210119010910j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011240j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011310j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011343j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011523j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011611j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210119011641j:plain

 
青柳が諏訪魔に押される展開が続く試合でしたが、最終盤に状況が一変!
 
必殺のバックドロップを決めにかかった諏訪魔を、狙っていたかのように青柳がフロントネックロック
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122042553j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210122042636j:plain

f:id:rodeotandemdavespector:20210122042827j:plain

 
そのまま胴締め式に移行すると、最後はエンドゲームで諏訪魔を絞殺!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122043318j:plain

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122043429j:plain

 
レフェリーストップにより、宮原&青柳組がタッグ王座戴冠を果たしたのでした。
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122043526j:plain

 
オセロゲームのように一瞬で形勢が逆転した試合でした…。
いやあ、凄い!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122043707j:plain

 

 

 

 

 

試合後、マイクを握る新王者チームの前に現れたのは、関本大介&アブドーラ小林の『マッスル&ファットです。』!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122044130j:plain

 

 

前年のタッグリーグ開幕戦で、宮原&青柳組に勝利していた2人の挑戦表明を、王者チームも受諾!
 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122044258j:plain

 
大会当日(1.2)には、「1都3県で、政府に緊急事態宣言の発令を要請」という旨の報道もあり、アブドーラ小林の挑戦表明が殊の外胸に刺さりましたね…。
 
 

 

まとめ

ニューイヤーウォーズ初日から、諸々の戦況が動いた全日本プロレス
 

 

上記の雑感に加え、メインで敗れた『暴走大巨人』の発展的解消も発表されるなど、初日は「2021年の闘い始め」という点に重きが置かれる大会だった印象。

 

f:id:rodeotandemdavespector:20210122050858j:plain

 
そんな初日のバックステージで、宮原健斗がこのようなコメントを発していました。
 

 

ソーシャルネットワーク、ちらほら目にするがな。おい!そんな声を今日の大会を見て、ファンの皆様がどう思ったかだ。そんなのは全日本プロレスを見てないヤツの発言だ。申し訳ないがな、宮原健斗が何も言わないということは俺の耳に届いても何も言う価値が無いからだ。わかるか?何も言う価値がないことには、俺は何も言わない。ファンが悲しむことを言うな。ああ?刺激的とプロレスファンが悲しむことは違うんだよ。だからな、俺が引っ張るんだ。」

 

このコメントに対して、TAJIRIもツイートで援護射撃。

 

 

正直、「今の最高さんってそんなに叩かれてたっけ…?」と。

宮原が言うってよっぽどでは…?

 

確かに、2020年の全日本プロレスは、秋山準DDTレンタル移籍、コーチの交代、『Enfants Terribles』を始めとした元WRESTLE-1勢の参戦など、様々な動きがある中で、(私がTLで見た限り)既存のファンから変化に否定的な声が上がっていたのも事実。

 

ただ、全日本プロレスを熱心に追っかけている訳では無い私からしても、このコメント(ほぼTAJIRIですが)に違和感を覚えたのも正直なところ…。

 

「何者かでないヤツの意見なんてクソなんだぜ。」

 

この一言に取り去れない引っ掛かりを感じつつ、私はニューイヤーウォーズ2日目を観戦しに行くのでした…。
 
(後篇に続く!!)